葉酸は赤ちゃんの身体の成長に欠かせない栄養素

葉酸は赤ちゃんに大事な栄養素

妊娠中は、元気な赤ちゃんを育てるために
必要な栄養素をしっかり補給することが大切ですね。

 

特に葉酸は、厚生労働省でも推奨されているように
妊活中から妊娠時に、欠かせない栄養素だといえます。

 

ほうれん草などの葉物野菜や
レバーに多く含まれているわけですが
不足分をサプリメントで補うことが大切になってきます。

 

なぜ、妊娠中の葉酸摂取が大事なのかといえば
先天性の疾患、神経管閉鎖障害を持つ赤ちゃんの
出産リスクを低下させるというデータがあるからですね。

 

卵子がお母さんのおなかの中で、赤ちゃんの体になるまでには
何回もの細胞分裂が起こり、次第に成長していきます。

 

葉酸は、赤ちゃんが丈夫に成長するように
細胞が分裂する際に、必要不可欠な栄養素なので
しっかり補給していくことが大切なわけです。

 

前述したように、葉酸が不足した状態だと
赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクが高まりますので
意識して葉酸を摂取することがポイントになります。

 

神経管閉鎖障害とは、二分脊椎症や無脳症など
とても怖い病気のリスクとなっているわけですね・・

 

ですので厚生労働省は
1日400μgの葉酸摂取を推奨しているわけですが
なかなか食事だけで補うのは難しい数字・・

 

ですから、サプリメントや健康補助食品で
不足分を意識して、毎日補充するわけですね。

 

妊娠中は、つわりがひどくて食事がのどを通らないこともあります。
当然、摂取しておくべき栄養素も不足しがちです。

 

しかし、サプリメントであれば
つわりがひどい時でも、飲むことができます。

 

葉酸サプリメントメーカーは、安全性にも配慮し
医薬品メーカーに準ずる設備での製造
放射能検査なども、確実に実施されていますので

 

赤ちゃんの先天性疾患のリスクを抑えるためにも
葉酸摂取は意識的にやっていくことが大切になってきます。