おっぱいマッサージの効果と陣痛の経験について

おっぱいマッサージにはどんな効果があるの?

私の通っていた産婦人科では
両親学級の参加が必須だったので参加していました。

 

両親学級の内容としては、お産の部屋の紹介や
おっぱいマッサージの講座
赤ちゃんの沐浴のやり方
妊娠中に必要な栄養についての話が中心でした。

 

葉酸サプリの大切さもここで教わりましたよ。

 

分娩中は、助産師さんがつきっきりではないので
両親学級で教わった分娩中の呼吸の仕方やいきみ方
お産の部屋の紹介がとても役に立ちました。

 

そしておっぱいマッサージですが
出産後に母乳がスムーズに出るようにというのと

 

おっぱいマッサージは早産をつながるようで
早く産んで赤ちゃんに会いたい!という理由で
特にお風呂に入っているとき積極的に行いました。

 

ただし、おっぱいマッサージをやっているときに
お腹の張りを強く感じたらストップしたほうがいいようです。

 

あと、おっぱいマッサージは
臨月に入ってから行うことが大切ですよね。

 

妊娠中にむくむことがあると、ママ友に聞いていましたが
私は普段から、よく身体を動かしていたせいか
仕事を続けていたことも関係していますかね?

 

それほどむくみを感じることはありませんでした。

 

適度な運動を心がけていると
妊娠中のむくみはそれほど気にならないかな?と感じています。

 

陣痛の痛みは?

最後に、私が経験した陣痛についてですが
陣痛の痛みは人それぞれで、お腹が痛いという方もいれば
腰が痛い、足の付け根が痛いという方もいらっしゃいます。

 

痛み自体も、ナイフでえぐり取られると表現する方や
鼻からスイカ・・と表現する方もいらっしゃいますよね・・

 

私の場合は腰と足の付け根の両方が痛かったです。
つーんとした痛みで、辛くなかったといえば嘘になりますが

 

もうすぐ赤ちゃんが生まれてくれる合図だと感じたら
どうにかこうにか耐えることができました。

 

お腹を痛めた子供という言葉があるように
陣痛を乗り越えることが
ママになるための一歩なのかなって思っちゃいましたね。

 

でも大丈夫!みんなが通ってきた道ですので (^_^)